カテゴリー
アーカイブ

今がマンション投資物件の買いのチャンスです。

世間のいたるところ不景気風が吹いている今が絶好のチャンスと言えるかもしれません。
新聞を読むと景気の悪い話やリストラの話が多くなっていますが、実際のところ個人では
預貯金の高額な人が多く、お金のやり場に困っている人が多いです。
私の方にも良い投資マンションがあったらすぐ資料を送ってくれ、OOマンションで売り物が
あったら連絡をくれなど投資意欲満々の人も結構います。
私も昨日買付証明書を2通出しました。 買えるとよいのですが。
お勧め売買情報 賃貸中 高利回り物件
お勧め賃貸物件 家具家電付
またまたマンション投資第二十二の鉄人さんから原稿が届きました。
マンション投資第二十二の鉄人 Ⅶ
マンション投資第二十二の鉄人     東北地方在住   瀬谷 潤
                    tetu0.jpg
お金の世界の鉄の法則~儲かっている人がいるということは、その裏で必ず損をしている
人がいる。

人は誰もが、多かれ少なかれ、「自分に都合の良い方に考えたくなる」、という気持ちを抱いて
いると思います。マルチ商法や先物取引などで儲けている一部のミリオネアを見ていると、
「自分も儲ける側に入れるのではないか?」という淡い幻想を抱いてしまう人も多いのでは
ないでしょうか。しかし、「儲かる話」と「損をする話」とは同意語なんです。今回はこのことに
ついて考えてみたいと思います。
お金を儲ける方法は数多くあるように思われるかもしれませんが、投資や投機の世界だけで
なく商売においても、儲けるには次の二つの方法しかありません。
「人を損させて儲けるか」
「人を得させて儲けるか」
「人を損させて儲ける」とは、詐欺や悪徳商法などを連想される方も多いかもしれませんが、
何もそれだけでなく、株式投資や先物取引、マルチ商法なども含まれるとぼくは考えています。
投資や投機を実践する際、誰もが「自分は必ず儲ける側に居る」と、自分に都合の良い方に
考える。というか考えたくなってしまう気持ちはよく分かります。しかし、すべての人が儲け
られるということは、投資や投機の世界ではありえないんです。
妙なマルチ商法に熱を上げている人に、「共に豊かになりましょう」などと執拗に勧誘された
ことが過去にありましたが、「皆で儲ける」ということは理論上不可能なんです。
なぜ、皆で儲けて、皆で豊かになることができないのか?というと、投資や投機やマルチ
商法の世界では、「豊かになる人(儲ける人)」を一人作るためには、その何倍もの数の、
「損をする人」がいなければならないからです。
冷静に考えてみてください。
「誰かが儲けている」ということは、その裏で必ず「誰かが損をしている」
お金の世界では、常にこの「鉄の法則」が働いているんです。
ところが唯一、不動産投資だけは、周囲の人を儲けさせながら(喜ばせながら)、尚自分自身も
儲けていくことが可能なんです。
不動産投資において、「人を儲けさせて(喜ばせて)、尚自身も儲けていく」とはどういうこと
なのか?
著書紹介
『住宅ローン地獄からの生還』  マイブックル 
『住宅ローン破綻 競売があなたを救う~実践者が語る最後の解決策』    早稲田出版
オフィシャルブログ 『瀬谷流プチ不動産投資日記』 

コメントをどうぞ

*